例年冬の寒さがゆるんで暖かくなってくると気になることは、桜の開花のワクワクよりも、花粉症が今年はいつはじまるかの心配のほうが関心が高くなってしまうわたくしですが、今年はひょっとするとそれほど花粉症の症状がひどくなくてすむかもしれないな?という手応えを先日つかみました。
風がつよく陽気もあたたかい日中に、必要があって、往復50分ほどお散歩がてらマスクもせずに歩いて出かけてみたのですが、目こそちょっと涙目ぽくなりましたが、くしゃみも鼻水もまったくでなかったのです!

まだそれほど花粉がとんでいなかったことも理由の1つかもしれませんが、去年からは腸内環境改善を目標に毎日納豆とヨーグルトを食べるようにしてきたのが、効果をあげているのかもしれないな、とちょっとだけうれしくなったところです。
花粉症もアレルギー症状の一種、アレルギー症状ならば腸内環境と密接に関連しているので腸内環境を改善すれば花粉症も改善するという、テレビ番組かどこかで見聞きした民間療法のお医者さんに感謝です。